2016年9月19日セミナー開催報告①

大川カイロプラクティックセンターとごし銀座院セミナー
 「カラダの使い方を磨こう!」
 講師 安藤崇先生(とごし銀座院院長)

■今あるものをうまく活かせていないかも?

今日は皆さんが知っていることを深く掘りさげていきます。「何かうまくいかないな」と感じるときは、実は足りないのではなく、今あるものをうまく活かせていないのかもしれませんね。
最初に手順通りのR2(大川メソッドの筋肉緩和操作)を実演します。R2は学院で一番はじめに習う手技です。もし何年もR2をやったことがないという人がいたら久しぶりに一度やってみてください。きっと何かしらの発見があると思いますよ。

基本の大切さを説明する安藤先生

■自分のからだの使い方を高めること

R2の三方牽引を上手におこなうとどうなるか、やってみましょう。いつもより時間かけてジワーッとおこなうだけでも腰はだいぶリラックスします。
腰椎が伸展位で固まっている緊張の強い方がいますけれども、その場合、三方牽引といっても無理矢理「押す」のではありません。手は置いているだけ。余計なことはしません。
床側に巻き込むような、円を描くような「イメージの力」で手技をおこなうといいです。
「よくわからない」という方がいますけどそういうものですよ、技術というのは。派手にパフォーマンスとして見せるのはいつでもできる。でも今日はこのような「地味なことをいかに上手にできるか」がテーマなんです。
基本が出来ていればいろいろと世の中には技術はありますけどたいしたことはない。どんな技でも見れば真似できるというところまで、自分のからだの使い方を高めたいものですね。

■反発してくるのが感じられたら「押す」のではなく「待つ」

三方牽引ですが、皆さん、たいてい自分が主体となって「患者さんを動かそう」とするんです。でも患者さんだってその受けている感じが「嫌だな~」と感じたら、元に戻ろうと反発しますよ。術者が「こっちだ~」と負けずに押したら余計にです。普段から緊張されている方が多いですから尚更ですよね。
患者さんの呼吸を読み取りましょう。呼吸に合わせて手を当てます。
「こっちに動かすと気持ちいいですよ~」という感じで誘導していく。牽引といっても「引っ張る」というのではなく「滑っていく」よいうイメージ。「こっちの方が楽ですよ~」と。
受けていて「その方向がいいな~」と感じられれば、体は勝手にそちらへ傾いていくんです。もし反発してくるのが感じられたら押すのではなく「待つ」。緩むまで手を「ただ置いておく」んです。

R2を手順通り実演

■手技で手が自由自在に動くように

R2の一番のポイントは手のコンタクト面を大きく使って患者さんのからだをほぐすこと、軟部組織を動かすことです。母指だけでグリグリ動かす人がいますけれども、それはあまり上手なやり方じゃないですね。せっかく大きな手があるのに有効に使っていない。
手技で手が自由自在に動くよう、手・指を柔らかくしておくことも必要です。患者さんのからだって凸凹していますよね。曲線です。自分の手もそれに合わせて変化させなければなりません。
手が硬い人はそれができないから当たりがカチカチッと硬い。せっかく機械にはできない人の手のよさというのがあるのに勿体ない。

R2の手技を通じて基本を見直すと新しい発見が!

■「よかった!」と言っていただけるように

「R2で奥の筋肉は緩められないのですか?」との質問がありました。そんなことないです。患者さんがリラックスすれば深部の筋肉も緩んできますよ。
僕らの場合、手技だけでなく、そこにさらに患者さんとの会話が入ります。話をすることでよりリラックスできることがあります。R1・CMT・R2と流れがあるけれど、すべてひっくるめて「治療」と考えています。「来てよかった!」と言っていただけるように。ですから、R2も大切なんです。

■R2を通じてCMTが上達する

R2の大腿外側押圧のフォームは何か他の手技の形に似ていませんか? そう、実は腰椎CMTのフォームと同じなんです。ポンと圧を加えればCMTになります。
大腿外側押圧をやっているとCMTで使うボディドロップが上達します。体の使い方が全く同じですから。こういう意識でもR2はおこなうといいんです。
足底押圧もです。胸椎のCMT、CBTPの形と同じですね。やはりボディドロップが上手くなります。コツは動作に伴って頭が動かないこと。ぶれない軸を作ることが大切です。

胸椎の屈曲CMT(チェスタードロップ)の練習方法を説明

■基本が沢山つまっているR1

次はR1(大川メソッドの筋肉緩和操作、トリガーポイントセラピー)の実演です。いつもやっているR1でも、外からみると意外と発見がありますよ。この手技にはからだの使い方の基本が沢山つまっているんです。
基本の型って誰でもできますよね。でも、患者さんは同じものを受けていても、全然違うもののように感じることがある。どうしてか? 真剣に、あらためてこの基本をやってみると気づくことがあってよいですよ。
2指5指散開。僕の場合はパラボナアンテナのイメージということでよく教えています。四方八方に指をワッと広げると安定して指は動かなくなる。2指~5指がグリップとして効いている。
押圧する前の皮膚のたるみ、スラックは7割くらいとるのがちょうどいい。とりすぎは圧迫感を感じます。
どれくらいの圧で押せばいいのか? これは人それぞれ好みがありますね。受け慣れているかどうかや、体格の問題もあるので、もしわからなければ術者は患者さんに聞くのが間違いない。僕らは調節さえできればよいのだから。
慣れていない患者さんがあまりにもきつい圧を受けると緊張がとれなくなります。新規の方に関して僕は圧の強さは聞くようにしています。10年以上やっていてもこれが正解というのはないですね。人によって全然違いますから。

■参加された皆様の感想


  • 初心に帰れてとても勉強になりました。もう一度、学院へ入学したスタートを思い出して、一つ一つ確認してみようと思います。ありがとうございました。
  • 安藤院長のR2が自分が普段やっているものと全然違ってショックでした。
  • 安藤院長、今日はありがとうございました。基本の”キ”とも言える内容でもあり、とても人間味あふれるセミナーでした。理屈も大事だけど、もっと大切なことがあるということを再認識できましたし、人間のカラダはシンプルだけど、こちらが勝手に複雑に考えてたのかと気づくことも多かったです。とても安藤崇っぽいセミナーで楽しかったです。
  • R1、R2をはじめ大川学院で学んだことを見直すいい機会になりました。もっともっと自信を持って現在の施術に取り入れたいと思います。ありがとうございました。
  • 忘れていたことを思い出しました。体に無理に施術していたと実感し反省できてよかったです。楽しい話が沢山あり患者さんとのコミュニケーションの大切さを改めて感じました。ありがとうございました。
  • 患者さんの施術時間中の気分や体の使い方、動かし方の指導へもっと意識を持って施術にあたっていこうと思いました。とても参考になりました。ありがとうございました。
  • メディシンボールの使い方、下駄の使い方とその意味、とても参考になりました。ありがとうございました!
  • 新しいものを取り入れるのではなく、あるものをちゃんと使う、という考え方に賛同します。どうするかではなくて、どんな目的をもって行うかが大事だということを再認識しました。難しいのは覚えることやることではなく、同じこと、シンプルなことも何度も繰り返すこと。大切なことを改めて気付かせていただきました。ありがとうございました。
  • 普段何気なく動かしている身体が実に多くのテクニックに通じていることが再確認できました。
  • 技術や体の使い方を深めるということ。理屈より楽しさが勝つということ。具体的なアイデアも頂けて柱となる考え方を再確認できました。ありがとうございました。
  • 今日のセミナーは安藤院長にしかできないものですし、それが同じグループで働いている私にとっての一番の勉強になるものだと思いました。生で見れて感じれて良かったです。
  • 患者さんの身体と対話すること!施術者の押し付けであってはならないと改めて思いました。毎回同じ施術で患者さんが新しいことを求めているのではないかと不安に思っていましたが、自信を持って大川のルーティーンを深めていこうと思いました。