2017年10月9日セミナー開催報告/特別編/ウェイトトレーニングと体の使い方③

【内容】
 ■「身体動作トレーニング」
 ■スポーツでは「反動」を使う
 ■呼吸・反動を使い「全身」で立ち上がる
 ■トレーニングだから1回で出来なくてもよい

■「身体動作トレーニング」


皆さん、反動をつけて立ち上がってみましょうか。思いっきり反動をつけてみてください。どっちの立ち方が楽ですか?

呼吸も入れてみましょう。さっき呼吸、練習しましたね、鼻から吸って口からフッーと吐く。

「フーーーーーーッ」(イスから立ち上がる)
「フーーーーーーッ」(イスに座る)

どうですか? 反動つけた方が楽だった方? あまり変わんなかった方? たいていの方は楽なんじゃないですかね。

ウェイトトレーニングをやって「効かせ癖」がついている人も、「かばう動きの癖」がついている人も、あまり変わらないって考えています。じゃ、どう合理的な体の使い方を伝えればいいのか。「身体動作トレーニング」という言い方をしていますけども、こんな感じでいっしょに体の使い方を練習してるというのを次にやってみます。

■スポーツでは「反動」を使う


スポーツはどちらかというと「反動」を利用します。筋肉は立ち上がりの時、初動に必要なんです。ただそれ以降は筋肉のブレーキを外してあげないと動けなくなります

ボール投げる時に力いっぱい投げようと思ったら腕は振れないんです。振る時にちょっとだけ筋力は必要だけれども、後は実は「抜く」のがコツ。ゴルフのスウィングもそう。瞬間的には筋力を必要とするけど後は「流れを止めない」ようにします。

■呼吸・反動を使い「全身」で立ち上がる


日常生活の動きでもこれは同じです。
「腰が痛い」「腰が悪い」と思い込んでいる人、たいていイスから立ち上がるのがきついですよね。そんな時はさっきの呼吸を使いましょう。

まず1回吸って、「フーーーーーーッ」と吐きます、リラックスしながら。
2回目の呼吸の力、吸ってー、吐いて~で「スト―ン!」と立ちます。
頭を振って反動をつけて。なるべく筋力は使いません。

全身を使って1か所に集中させないようにします。ウェイトトレーニングは1か所に集中させるんです。体をかばっている人も1か所に集中しています。これを分散させます。

「フーーーーーーッ」(イスから立ち上がる)
「フーーーーーーッ」(イスに座る)

■トレーニングだから1回で出来なくてもよい


皆さん凄く軽くないですか! やっていると段々わかってきますよ。
何でもそうだけど1回で出来なくてもいいんです。1回で出来ないから回数やる価値がある。患者さんとこのような練習をすればいいんです。

おそらく強く腰やいろんなところに「不安を抱えている人」、「不合理な動きをする癖がついている人」はこれをすぐに理解することはできない。だから一緒にやるんです。何回も何回も時間かけて。出来なければ1ヶ月位のスパンでね。

それだけやっているとさすがに上手くなりますよ。「立ち上がるのはこんなに楽だったのか!」と患者さん自身が感じられたらそれでOK。もう自分の力で何でもできます。1回で何でも変えようとしないということ、トレーニングですからね。

2017年10月9日セミナー開催報告/特別編/ウェイトトレーニングと体の使い方②

【内容】
 ■「合理的な動き」を身につけるには
 ■うまく体を使うために「スキルトレーニング」を!
 ■体を「かばっている人」も非合理な動きをする

■「合理的な動き」を身につけるには


ウェイトトレーニングはあくまでも筋肉を太く強くするためにおこなうもの。だからそれ以外のことに体を使える状態にするにはスキルトレーニングも同時進行させていかないといけない。そうしないとなかなか「合理的な動き」というのは出来てこないんです。

「合理的な動き」とは何か?

しゃがむという動作にしてもスクワットでは「ジワーッ」と負荷をかけますが、「合理的な動き」では必要最低限の筋力で「スッ」としゃがみます。スクワットのように大腿四頭筋を意識して「いちいち効かせる」「いちいちきつい」ということはない。

立ち方もそう。体を前にゆすったり、ちょっとした反動を使って立ち上がる。自分でブレーキをかけながら「ギギギギ」って立ち上がるのと、リラックスして、ただ頭の反動や重みを利用して「スッ」と立ち上がるのとの違いです。

■うまく体を使うために「スキルトレーニング」を!


考え方が筋力重視になって「脚の筋肉をつければスッと立ち上がれるはず」と思っている人がいるけれども、実はそうじゃない。ウェイトトレーニングは非常にいいものなんですよ、さっきお話したように。それはそれでいいんだけれども、逆に体の動きを邪魔してしまうようであれば本末転倒かなと。

もし「ウェイトトレーニングをしているけどなかなかうまく体を使えない」という人がいたら「スキルトレーニング」、つまり「体の使い方」を教えてあげるといいですね。

今、皆さん椅子に座っていますよね。イスから立ち上がってみましょうか、一切反動を使わずに。グーッと脚に力を込めて脚の筋肉だけで立ってみてください。呼吸もあまりせずに。
しゃがむときも一緒、なるべく反動を使わずにやってみましょうか。
これが「効かせ癖」がついている人の体の動かし方です。

■体を「かばっている人」も非合理な動きをする


「効かせ癖」がついている人と特に連動するのは「かばっている人」です。
「腰が痛い」「膝が悪い」「股関節が痛い」など体に痛みがある人、あるいは体のどこかが悪いと思い込んでいる人。先ほどのウェイトトレーニングをしているかのような立ち方をすることが多くないですか? 「ウッウッウッ・・・」とこんな感じで。

これはさっきのスクワットの動きとあまり変わらないですよね。自分の体だけ持ち上げればいいのに何か重い物を担いでいる感じ。実際にはね、反動をつけた方が間違いなく楽なんですよ。

「いや、反動つけると腰が痛いんじゃないか・・・」って思うかもしれないですけど、よく考えてみてください。

2017年10月9日セミナー開催報告/特別編/ウェイトトレーニングと体の使い方①

昨今は健康維持のために、ウォーキングやジョギングを日課としてされている方、スポーツジムに通う方が増えました。施術者がトレーニングについて詳しいと、いろいろなケースでお役に立てそうです。

10月9日開催のセミナー「カラダの使い方を深める!」(講師 安藤崇先生)では、ウェイトトレーニングの「効かし癖」について説明がありました。

これは、知らず知らずのうちに陥りやすいウェイトトレーニングの弊害です。痛みなどで「体をかばってしまう」方に共通する体の使い方でもあります。

とごし銀座院では、「効かし癖」が身についている患者さんに対し、「システマ」「認知行動療法」のエッセンスを取り入れた「身体動作トレーニング」をおこないます。“楽に・合理的に動ける体”へと導くのです。その説明がなされているセミナーの模様を3回に分けてお届けします。

【内容】
 ■ウェイトトレーニングのことは知っておこう
 ■あえてきつく「非合理」に動かす
 ■トレーニングの弊害「効かし癖」

■ウェイトトレーニングのことは知っておこう


休憩中にウェイトトレーニングの話をしていたんですが、皆さんの中でスポーツジムに行って体を鍛えているという方はどれだけいらっしゃいますか?

私はウェイトトレーニングについては、知らないよりは知っておいた方がいいなと思っています。というのも、今これだけ健康がブームになっていて、ジムに通っているという方が患者さんでも多くなっているからです。

最近は「こういうトレーニングを教えてください」「今ジムでこういうことをやっているんですけどどうなんですかね?」などとジムに通っている患者さんから聞かれることも増えました。

ウェイトトレーニングというのは簡単にいうと筋肉に「負荷をかける」トレーニングです。バーベルを持ったりマシンを使ったり、後は自重ですね。自分の体の重みを生かしてトレーニングする。目的は筋肉を大きく強くすることです。

やったことがある人はわかると思いますけども、続けていると力は段々ついてきます。挙げられなかったものが挙げられるようになり、今までよりも見た目ががっちりして強くなった気がします。

おそらく患者さんたちもいろんな目的があってジムに行っているんだと思います。最近は女性の方も多いですよね、「腹筋を割りたい」「筋肉をつけたい」と言って。

■あえてきつく「非合理」に動かす


代表的なトレーニングにスクワットという運動があります。バーベルを担いだりマシンを利用して、グーッとゆっくり大腿四頭筋や大殿筋を意識しながら負荷をかけて鍛えていく。あえて「非合理」に体を動かすんですよ。

例えばしゃがむという動作があります。普通、人はこうパッとしゃがみますよね。でもスクワットはそうじゃない。あえてグーッとゆっくりしゃがむんです。

わざと筋肉が疲れるようにきつくしている。それは筋肉にストレスをかけたいから。ゆっくりと動かすのは血流を制限したいからです。皆さん、筋肉をグッと緊張させると血液の流れはどうなりますか?

悪くなりますよね。そういう状態を作って動かすから非常に辛いんです。

諸説あって、血流を制限させた方がストレスで代謝物が出て筋肉がつきやすいと。加圧トレーニングなんかもそうです、加圧ベルトで絞めて血流をあえて悪くする。このようにウェイトトレーニングというのは、あえてきついことをやるんだということを憶えておいてください。

■トレーニングの弊害「効かし癖」


患者さんの中には一生懸命このようなトレーニングをしている人も多いんだけれども、合理的ではない動きを体に憶え込ませているものだから、時に弊害が出てくることがあるんです。「効かし癖」というものです。

しゃがむんでも下にスッとしゃがめばいいのに「いちいち力を入れて」しゃがんでしまう。物を取るのでも「いちいち力を入れて」取ってしまう。

スポーツなんかでもそうです。トレーニングして筋肉がついて体重が増えたんだけれども「何かヘッドの周りが悪い」「うまく走れない」、そんな話を聞くことがあるんです。

なぜそうなるか? それはウェイトトレーニングの動きが合理的じゃないから目的が全然違うんですよ。

大宮駅近くに「VIDAカイロプラクティック大宮整体院」開院!

古川カイロプラクティックセンターさいたま整体院を開院し13年、豊富な経験を積まれた古川一就先生が、2017年11月22日、大宮駅東口徒歩3分の新築ビルに「VIDAカイロプラクティック大宮整体院」をオープンしました!

不妊治療・妊活をサポートする「子宝整体コース」、妊婦のケアや人気のトコちゃんベルト販売&着用指導OKの「マタニティ整体コース」や、出産後ケアで好評の「産後の骨盤矯正コース」、美容やダイエット効果も高くデトックスが出来ると最近話題の「ファスティング(断食)コース」、痛みやしびれ等の様々なお悩みに対応する「カイロプラクティック整体コース」を揃えておられます。赤ちゃんやお子様連れも《見守り保育》サービスで歓迎とのこと!

「VIDA」というのはスペイン語で「命」という意味だそうです。ロゴマークもカッコよく、とても素敵な院内でした。最先端の施術機器も揃えておられます。

古川一就先生は勉強熱心でとてもフレンドリーな先生。大宮にお住いの方に「VIDAカイロプラクティック大宮整体院」自信をもってお勧めできるカイロプラクティック整体院です!

 VIDAカイロプラクティック大宮整体院
 さいたま市大宮区宮町1-34-3 大宮M1ビル4F
 TEL 048-871-6033 (※予約制)
 埼玉県さいたま市大宮駅東口3分

2017年10月9日セミナー開催報告

大川カイロプラクティックセンターとごし銀座院セミナー
「カラダの使い方を深める!」
 講師 安藤崇先生とごし銀座院院長

■講義内容


1年ぶりの安藤崇院長のセミナー。今回は「仕事」としてのカイロプラクティックを深く掘り下げていきました。システマのエッセンスを取り入れた生活習慣の改善アプローチほか、認知行動療法、森田療法、アドラー心理学などの活用法も紹介。「患者さんとの向き合い方についてとても参考になった」との喜びの声が多いセミナーとなりました。以下が主な内容です。

講師を担当した安藤崇院長(とごし銀座院)/日本カイロプラクティック医学協会
講師を担当した安藤崇先生(大川カイロプラクティックセンターとごし銀座院 院長)。参加された皆さんへのメッセージ→『質問があればお答えしますので、お気軽にご連絡ください』

◎体のバランスを体感する
 視界が変わるだけで変化する
 呼吸によっても変化する

◎呼吸の力を使った姿勢矯正法
 3回の呼吸で姿勢を変えてみる

◎私が考える「正しい姿勢」
 緊張するポイントは人それぞれ違う
 その改善の仕方

◎患者さんの主訴とどう向き合うか?
 話を聞くときに大切な「共感」と「共有」
 症状の変化に一喜一憂しない
 目標をどこにもっていくか?

◎自分の手、言葉で相手をコントロールしようとは思わない
 やがて行き詰まる

◎感じる練習
 手を当てて呼吸を合わせてみる

からだの変化を感じる練習/日本カイロプラクティック医学協会
手を当てて患者さんのからだの変化を感じる練習。呼吸も合わせていく。
参加者の皆さんの練習風景/日本カイロプラクティック医学協会
お互いがペアになってからだの変化を感じる練習

◎痛みが出る原因
 外的な負荷だけではない

◎ウェイトトレーニング
 そのメリットとデメリット
 「効かせ癖」の弊害

◎楽に動ける「身体動作トレーニング」
 椅子からの立ちあがりで練習

◎「かばい癖」とは?
 体の動きにブレーキをかける
 「かばい癖」の取り方を歩き方を使って練習

◎システマの4原則とは?

◎考え方の癖「スキーマ」を見直してみる

◎感情とは?
 認知行動療法と森田療法の捉え方の違い

◎なぜ「不安」や「心配」は減らないのか
 「痛み」に置き換えて考えてみる

◎当院の最終的な目標は「予防で通ってもらうこと」ではない

◎アドラー心理学の活かし方
 この仕事は自分自身が商品
 どう自分を高めていくか

実技練習風景/日本カイロプラクティック医学協会
実技練習も織り交ぜながらの講義。体勢をいろいろ変えながらも圧を一定に保つ練習をしているところ。この課題ができると、やわらかい圧の入れ方が可能になる。

■参加された皆様の感想


  • いつも安藤院長のお話を聞くと初心に帰ることができ、これからも頑張ろうと元気づけられます。今回も考え方の講義が多かったですが、なるほどなぁと思うことがいっぱいありました。ありがとうございました。
  • この仕事はやはりミッションのとらえ方が大事で、その中に手技のテクニックも含まれるということですね。全人的なアプローチの大切さ、大変勉強になりました。
  • 精神面の対人対応がより参考になりました。
  • 認知行動、これは役に立つ。認知行動療法、システマ、レリゴー!
  • とてもおもしろかったです。もっと実技的な要素のセミナーをイメージしていましたが手技の内容、結果、今は自分の手技を受けて患者さんはどういう気持ちなのか等、施術の前、中、後に及び、結構深く考えたり、落ち込むことが多いので、安藤院長の話を聞いてとてもホッとした自分がいました。頸部CMTの応用の所でも触れられている手がとてもやわらかく感じ、いつも指先に力が入りすぎと言われる自分とは明らかすぎるくらい対極的でした。しかも、頸部を軽く動かして伸ばすだけで首のつらいのが取れたのも感動的でした。また講義されるときは是非受講したいと思いました。
  • 自分が悩んでいたことに対するヒントがたくさん聞けました。たくさんメモしたので行き詰ったら見直します。どうもありがとうございました。
  • やり方よりも在り方の大切さをいつも学ばせていただいていますが、特に今回は長い時間をかけてより深く学ばせていただきありがとうございました。
  • 定期的な講義をお願いします。
  • 私自身対人という部分で得意ではなく、弱点だと思っています。今日一日ですっきりという訳ではありませんが、アイデアや自分を見直すきっかけと材料になりました。
  • 内容は少しむずかしかったけど治療家としてのあり方がわかる講義でとてもためになりました。
  • お疲れ様でした。自分が嫌でした。でも、これからはそんな自分を受け入れて、上手に相手と向き合える様になれればと思えました。ありがとうございました。
  • ICP(集中施術)などで、どうしても「治さなくては」と思ってしまいがちですが、あまりそこにこだわらない様にというスタイルはとても参考になりました。
参加された皆様の感想

セミナー前の安藤院長へのインタビュー③/2017年10月9日開催「カラダの使い方を深める!」

■R2を入れた三つ巴の関係はバランスがとりやすい


――なるほど。一人で頑張っている治療家の先生も多いですが、心からというケースですと、「1対1」では時には厳しいことがあるといいますか、「1対チーム」の方がお互い楽なのかなとも感じます。

安藤)そう、そうなんですよ。非常に思いますね。やっぱり「1対1」というのは逃げ場がないんでね。カウンセリングでもグループで、というのがあるんです。何人か集まり、患者さん同士で自分の悩みを吐き出し聞いてもらう。人が集まった方が話しやすいというか、1対1の方がいいという患者さんも、もちろんおられるんだけれども、時に行き詰ってしまうこともあり得る。自分自身もしんどくなることがあると思います。逃げ場じゃないですが、ちょっと横にそれるにはスタッフさんがいないよりは、いた方が楽でしょうね。

――この点はチームとして経営している強みでしょうね。

安藤)実はR2【一人の患者さんを前半(R1)、後半(R2)の2人で担当するしくみ】、これが大川メソッドのとても優れているところだと思うんですよ。治療者がいて慰安者がいる、患者さんとの三つ巴の関係はバランスがとりやすいんです。
例えば、私がR1に入ってもあまり話さない患者さんがおられるんですが、R2で他のスタッフに変わった途端、ワーッと話し始めたり。患者さん自身が使い分けているというか、院をどう使うかが段々わかってくるという。
前回のセミナーでも私たちの仕事を居酒屋を例にして説明したんですが、それに近いものがあるんじゃないかと。料理屋でいえば、主人がいておかみさんがいる。主人は料理を作って出すんだけれども、それが美味しければお客さんは満足する。おかみさんに話を聞いてもらえることで心はもっと楽になる。そのような関係が院でもできるといいのかなと思います。

■アドラー心理学は患者さんのためというよりも自分のために


――卒業生の方からの相談ということに戻りますが、一人で経営されている先生も、患者さんに本当によくなっていただけるよう、いろいろと工夫されているんでしょうね。

安藤)なにより自分自身がよい状態でいることは大切ですね。「人のために!」と頑張りすぎて、いつの間にかがんじがらめになってしまっている方がたまにおられます。「疲れちゃった」という治療者の方、時々おられるんですよ。「最近治療に入りたくなくて・・・、来て下さるのは嬉しいけど・・・」って。
「まずは休みなよ」と言いました。「予約も別に断ってもいいんだし、それは自分でバランスをとっていいんだよ」と。自分の時間も作るべきだと思いますよね。ただ一心不乱にやるんじゃなくて。継続していくには、心にゆとりが持てるくらいのペースの方がいいのかもしれません。

――施術者はいつも、よい心の状態を保っていたいものです。

安藤)結果が出ないと「まだ足りない!」って自分を責めてしまうことがあるんです。アドラー心理学は、どちらかといえば患者さんのためというよりも自分のためになると思います。私は自己受容という言葉を最初に聞いて勉強をはじめたんですが、自分自身すごく責めてしまうところがあるんです、「まだまだっ!」「出来てないっ!」って。それで段々と自分を傷つけるようになり、しまいには他人に対してもそういう言葉を吐いてしまったりする。
まずは自分を傷つけない、自分に対し厳しくしすぎないこと。それらをアドラー心理学で学ぶと非常に楽になれます。実はそっちの方がうまくいったりするんですよ。
学生時代、運動部などを経験しているとつい自分を虐めてしまうんです。短期的にはいいんだけれども長期的にはもたないですね。ついつい自分に厳しくする習慣を患者さんに押し付けてしまったりもする。お互いに「これぐらいでいいんだよ」というくらいの方がいい関係性が保てることがあります。疲れないし楽ですし、そのようなことをアドラー心理学から活かしていますね。

■考え方、見方を変える。当たり前のことを見直してみる


――アドラー心理学はこの数年ブームになっていますが、求めている人が沢山いるということなんでしょうね。

安藤)非常にシンプルなんですよ、内容は。フロイトやユングのように難しくない。個人心理学といって自分自身の在り方を変えれば変わってくるよという、哲学に近いのかな。寛容になるというか、受け入れやすくなるといいますか、自分自身をダメ出しするんじゃなくて「まぁいいんじゃない」と。

――本で読むだけでも違いますか?

安藤)違いますね。難しいことを勉強しなくても読むくらいでもいいと思います。性格は変えられなくても、考え方、見方を変えるだけで違うと。当たり前のことなんですけどね。その当たり前のことを見直してみるんです。それがまた、いろんな人の話を聞いてみると「それ仏教にもあるよ」と言われました。アドラー心理学は東洋的な思想にも近いんでしょうね。
このようなことも当日はお話します。「体の使い方を深める」といいましたが、体と心は一緒と考えれば、心の部分を深めるというのもありではないかと。

――なるほど。お話が思いがけず臨床でのとても興味深い部分にも入りました。セミナーが益々楽しみになりました。本日はお忙しい中、ご対応いただきありがとうございました。

セミナー前の安藤院長へのインタビュー②/2017年10月9日開催「カラダの使い方を深める!」

■「緊張し続けないこと」が重要


――システマは、究極的には「非常事態でも平常心を保てるようにするメソッドである」と聞いたことがあります。

安藤)そこまでの強いストレスですと、実際その場になってみないとわからないですが、ただ、システマの考えとしては緊張してはいけないということではないんですよ。何かあったら人は緊張するのが当たり前の現象なんです。「緊張し続けないこと」が重要で、「なるべく早くその緊張から普通の状態へ回復」していく。その訓練をするのがシステマなんです。

――なるほど。例えば心身症といいますか、心から体に症状が出ていると推測される方がおられた場合、これらは活用していけるものでしょうか。

安藤)心を変えるというのは私たちの仕事ではないし、なかなか難しいことです。でも、体の方から入ってあげて、結果的に心が少しゆとりをもてる状態になり、よい雰囲気でお話も出来るようになることがあります。まずは「落ち着いて」もらうこと。そして自分を見つめ直せるような状況を作ってあげるというか、一緒に作るということですね。

■「なかなか症状がよくならない」理由


――そのような患者さんに対してテクニックだけを追い求めても無理がある?

安藤)意識せず自然によい方向にいっていることもあるんです。施術のお陰で深くリラックスできて、患者さんも気がついたら心が楽になっていたと。手技だけでなく、施術者がよい言葉かけ、対応をし、それがよい結果に繋がっていることも実は多い。無意識におこなって効果を発揮しているわけですから、こちらがきちんとわかったうえでおこなえば尚更よいのかなと。

――沢山の患者さんをよくしていかれる先生というのは、その辺りが自然と出来ているんでしょうかね。

安藤)新人のスタッフさんでも意外と出来ている人がいるんですよ。R2(慰安操作)に入ったところ、患者さんがとてもリラックスされ、ぐんぐんよい方向に向かっていく。気がつかないうちに癒してくれる、そんな状況が作れればお互いよいと思いますね。
心身症という言葉が出ましたけれども、心身症に対しても今回はお話をしようと考えています。森田療法、認知行動療法、最近勉強したアドラー心理学など。私は専門家ではないんですが、これらを頭に入れておく、知っておくと役に立つよということです。突っ込んで勉強したければ専門のところに行った方がいいんだけれども、ちょっとした紹介ということですね。
心と体は切っても切り離せません。実際、十何年この仕事をやっていて、ご来院される方の多くは「心から体へ」という部分を含みます。それを表立っては言わないけれども、背景には何かあるのかなということを頭に入れながらやっていかなければならない。「なかなか症状がよくならない」という悩みは、そこも見ないといけないわけです。手だけでなんとかしよう、物理的、器質的なもので改善しようとしても、そこじゃないんですよね。見方を少し変えてみるといいのかなと思います。

■入り口の部分で私たちはお役に立てる


――今年の7月に開催した「多次元操体法」、大内先生のセミナーもご覧になられたそうですね。

安藤)ビデオで見させていただきましたが、面白いなと。自分の言いたいことの何割かがすでに入っていたので、セミナーでは重なってしまう部分があるかもしれません。私は操体法は使わないのですが、考え方としてはすごくいいなと思いましたね。

――結局「よくしていこう」と思えば、最終的には同じところにたどり着く?

安藤)そうなんですよ。森田療法や行動認知療法、アドラー心理学も結局似てくるんです。仏教もそう。人間が悩みから抜け出したい時にいろいろ考えるわけですから。専門家が見たら違うと言うと思いますが、一般の人からみればそんなに変わりはないのかなと。その手法がいろいろあるということですね、
一つ言えるのは、心の問題がサインとして体に出やすい人は、私たちのようなところがお役に立てるということです。神経症や心身症、本当にその入り口の部分ですよね。深いところに入ってしまうと、それはもう逆に触れない方がいい。病院で治療してもらうしかないんだけれども、ご来院される方の多くは、その入り口というか、体にサインが出ているよ、くらいの方たちです。
手技で症状を楽にして差し上げて、その中で自分自身との、また、自分のからだとの向き合い方をいっしょに考えてあげる。それは非常によいと思いますね。良好な人間関係にもなって長いお付き合いになることも多いんです。本来なら職場の人間関係や家族の中で解決できることも多いんでしょうけれども、なかなかそこがうまく出来ていないわけですから。私たちの仕事が一つのきっかけになればということです。

インタビューの続き③へ

セミナー前の安藤院長へのインタビュー①/2017年10月9日開催「カラダの使い方を深める!」

■「仕事」としての手技・スキルの活かし方を紹介


――10月9日(祝・月)の見所をお尋ねしたいと思います。はじめに2016年9月におこなった前回のセミナーについて、あらためて感想をお願いします。

安藤)協会でのセミナーは久しぶりだったので緊張しましたが、まあまあ上手くできたかなと。基本的なことをやり、皆さんには忘れていたことを思い出してもらえたのではないかと思います。何より楽しくやってくれていたのがよかったです。

――今回、皆さんに一番伝えたいことは?

安藤)「からだの使い方を深める」というテーマにしたんですが、実際には体だけでなく、体と心との関係、患者さんとのコミュニケーションの取り方なども含みます。技術的なこと、手技もおこないますが、単に手技を紹介し練習するのではなく、患者さんとの関係を交えながら「私はこう考えて使っていますよ」と。あくまでも「仕事」としてこう考えて使っています、ということをお伝えしたいです。

■施術者と患者さんとの関係性を今一度考えてみる


――ところで、大川学院やグループで学んだ皆さんが全国で活躍されていますが、いろいろと相談を受けられることも多いのでは?

安藤)そうですね。症状から経営的な相談までいろいろあります。傾向としては、若い方からは「なかなかよくならないんです」という質問が多いです。ただ、聞いているとテクニックどうこうという問題ではない気がするんです。皆と同じ勉強をしていますし、それなりに手も出来ている。技術の向上はもちろん大事なのですが、テクニックだけを見続けても限界があると思います。施術者と患者さんとの関係性を今一度考えてみる。このあたりのバランスをとりながらテクニックを使うというのが一つの解決策になることがあるんです。
私もそのように悩んでいた時期があります。いろいろやってみたけど手技だけでは難しいと。自分自身の「患者さんとの向き合い方」、それから「自分自身との向き合い方」。これらをあらためて考え直し、実践したことで変化が出てきたことがあったんです。手技というよりも、よりこのような内容をお伝え出来ればとも考えています。具体的な項目として「トリガーポイント」など6つ案内で出していますが、順々に説明するというよりはミックスしながらやっていきます。

■システマの臨床への活かし方


――安藤先生はシステマの勉強会を定期的に開催されていますが、システマを手技療法に活かしている例というのは国内でも珍しいと思います。

安藤)システマというのは元々は格闘技なんです。私は格闘技を習っているわけではなく、システマ的な身体の使い方・考え方、これがとても参考になるので続けているんですよ。システマには4つの原則というものがあります。「呼吸」「姿勢」「動き続ける」「リラックス」です。この4つをうまく使うんです。1つだけポンと飛び出てもいいんですが、なるべく全てバランスよく出来ると、体はより心地よくなれると思います。

――これらの原則を臨床に組み合わせているのですね。

安藤)手技自体にというよりも、患者さんに「こういう動きをしたらいいですよ」「姿勢に対してこんな考え方がありますよ」と、つまり大川メソッドの3つ目の柱、「生活習慣の改善へのアプローチ」のところです。
また、自分自身も仕事をしていればどんどん疲労が溜まってきます。その時に呼吸などシステマで学んだことを役立てています。これらを意識すると日々の疲れ具合も変わります。

インタビューの続き②へ

愛媛県松山市に「松山オレンジ整体院」開院!

大川カイロプラクティックグループの直営院にて、院長として10年以上活躍された神野晋輔先生が、2017年9月13日、地元である愛媛県で「松山オレンジ整体院」をオープンしました!

日本カイロプラクティック医学協会/愛媛県松山市に「松山オレンジ整体院」開院!

場所は国道196号線の通り沿い、愛媛新聞住宅展示場パルさんの向かい、ソフトバンク鴨川店さんの隣、オレンジ色の看板が目印です。

「松山オレンジ整体院」「心が落ち着き、身体が軽くなれる空間」をお客様に提供。日々のセルフケアを重視しており、身体の不調を予防・メンテナンスしていく本格的な施術が受けられます。

日本カイロプラクティック医学協会/愛媛県松山市に「松山オレンジ整体院」開院!

神野晋輔先生は勉強熱心でとても誠実な先生です。東京でも多くのお客様から慕われていました。松山にお住いの方に「松山オレンジ整体院」自信をもってお勧めできる整体院です!

 

 松山オレンジ整体院
 愛媛県松山市鴨川1-9-20
 TEL 089-909-6685 (※予約優先制)
 国道196号線の通り沿い、愛媛新聞住宅展示場パルさんの向かい、ソフトバンク鴨川店さんの隣