2018年3月21日セミナー開催報告①

「コアトレ」による姿勢改善セミナー
~体調とスタイルを改善するコンディショニングメソッド~
 講師 金近道純先生はちおうじみずき通り整体院

■当院の紹介


こちらが外観と内観です。このようなカラーで彩豊かになるようにしています。
看板の左端に魚の「鯛」のマークがついていますが、これはいわれがありまして、皆さんの「こんな体になりたい」「こんな風になりたい」「こんな風にしたい」「それらを当院は応援したい」ということで作りました。駄洒落です(笑)。
そんな意味を込めて「鯛」にしています。時々「なんで金魚なんですか?」と言わるんですがこれは金魚ではありません!

講師の金近道純(かねちか みちよし)先生。プロフェッショナルコンディショニングトレーナーの資格を持つ。「はちおうじみずき通り整体院」では姿勢を重視し、コンディショニングと整体を組み合わせ施術を提供している。
「はちおうじみずき通り整体院」の外観と内観
左端には鯛のマークが!

■「コアトレ」の別名は「頑張らない運動」


「コアトレ」のお話をさせていただきます。
「コア」についてはいろいろ考え方がありますので、姿勢改善もそうですが、私がやっていることは一つの方法として見て頂き、その中から少しでも参考になる部分があれば嬉しく思います。
皆さんは「コアトレ」と聞いてどう思われますか? 腹筋・背筋をガンガンやって体幹を鍛えていく、そのようなイメージはありませんか?
「コアトレ」は別名「頑張らない運動」とも言われます。頑張らずに体を整えて体の調子、姿勢を改善していきます。この「筋肉を鍛えるのではなく整える」というのが一つのキーワードです。

午前中はプロジェクターを使った講義。「姿勢」や「コア」についてわかりやすい解説がおこなわれた。

■姿勢が歪んでいない人はいない


姿勢というのは要は骨格が並んだもの。中心となるのが「背骨」です。
骨格には「筋肉」が付着していますが、この筋肉が「重力に逆らって骨格を支えている」ということをまずは理解していただきたいと思います。
姿勢の良し悪しが体調に与える影響は大きいですね。例えば猫背の人というのはこんな感じになります。

猫背を再現。姿勢はからだに影響を与えるが、全く姿勢が歪んでいない人はいない、とのこと。

頭が前に出るため、肩周りの筋肉は過緊張、肩が凝ります。
腰が丸まって腰椎の前弯も崩れ、腰が痛くなることもあります。胸郭が圧迫されるので呼吸は浅くなりますし、お腹の圧迫で血流が悪くなり内臓の働きも低下します。
このように体に影響を与える姿勢ですが、忘れずに必ず付け加えている説明があります。それは「そもそも姿勢が歪んでない人はいないんですよ」ということです。
実際姿勢が歪んでない方は見たことありません。ですから姿勢というのは「あなたの特徴、個性なんですよ」という風にもお伝えしています

■良い姿勢とは?


いわゆる「良い姿勢」というのは、筋肉や骨格にかかる負担が最も少ない姿勢と一般的に言われます。疲れにくく、動きやすい姿勢です。内臓が圧迫されにくいという事を考えれば、病気にもなりにくいとも言えます。
具体的にはどの姿勢が「良い姿勢」か?
理想は正面から見て背骨が真っすぐで、横から見ればきれいなS字湾曲(生理的S字湾曲)をしている。繰り返しになりますが、姿勢が全く歪んでいないという人はいませんから、あくまでも理想です。
ご来院された方で「自分は姿勢がいい」と仰る方でも、背骨のS字カーブが出来ていなかったりすることがあります。ですので、考え方としては「少しでもよい方向に姿勢を改善していきましょう」ということで話をしていきます。