2018年2月12日セミナー開催報告

治療者に必要なコミュニケーションスキルとマインド
~患者さんやスタッフとの良い人間関係のために~
 講師 伊藤かよこ先生

⇑⇑⇑ 講師の伊藤かよこ先生。日本カイロプラクティック医学協会(JACM)では初のセミナー開催です。
「患者さんに伝えたいことがあるけどうまく言葉にできない」「伝えてみたけど伝わらない」、そのような時に役立つのが、今回学ぶ「コミュニケーションスキル(技術)」と「マインド」。
整体・カイロプラクティックの仕事はもちろんのこと、サービス業全般、家族、友人など、あらゆる人間関係でも応用できる内容と感じました。

⇑⇑⇑ コミュニケーションにもいろいろなレベルがあります。まずは「好感を持たれるコミュニケーション」の成立が必要。そのために、治療者として態度、姿勢はどうあるべきか? 大切な「マインド」のお話がありました。

⇑⇑⇑ 「スキルは本を読むだけでは身につきません!」とのこと。上達するには、手技を身につける時と同様、反復練習が必要です。今回は、4時間のセミナー中、9個のワークをおこないました。

⇑⇑⇑ それぞれが患者さん役、治療者役を演じ「ロールプレイ」をおこないました。ワークは毎回ペアを変えます。今日一日だけでも、皆さんの経験値はかなり高まったことでしょう。

⇑⇑⇑ 最初におこなったワークはこちら。皆さん普段通りに患者さんへの挨拶を実演されていましたが、好印象の方々ばかり。これはさすがでした。

⇑⇑⇑ 治療家に必要なのは「信頼関係を築く聴き方」。多くの人は、つい「しゃべりすぎてしまう」傾向があるとのこと。傾聴、つまり相手の話に耳を傾け続けることは意外と難しい!

⇑⇑⇑ 治療者が患者さんに与える影響は決して小さくありません。具体的な事例をもとに、治療者が気をつけるべき点を解説してくださいました。

⇑⇑⇑ 患者さんの話をお伺いするにしても、現実的には時間は限られています。そんな時に役立つのが「要約力」。お聞きした内容をまとめて一言で表現するのです。「この先生、きちんと聞いてくれていたんだ!」と思っていただけるだけでなく、患者さん自身も、自分の考えを整理するきっかけになって助かるそうです。

⇑⇑⇑ 圧巻だったのは伊藤先生の15分間のカウンセリングデモ。話しやすい雰囲気作りから、解決策へ導く質問の仕方まで、具体的な手法の一例を見せて頂けました。

■参加された皆様の感想


  • 本日はありがとうございました。「ワーク」と「講義」のバランスがとてもよかったです。またお願いします。
  • 今日はありがとうございます。勉強になりました。
  • 聞く事は大切。でも出来ていない自分。今日から前進だ。
  • 初めて伊藤先生に会ってお話させていただきましたが、オーラや包み込む雰囲気、伝える能力もすごいなぁと感心させられました。良好な人間関係を築いていきます。ありがとうございました!
  • 大変勉強になりました。実生活で応用してみようと思います。
  • ワークも豊富で楽しく参加できわかりやすかったです。今後とも楽しみにしています。
  • 是非とも又セミナーをお願いします。色々なアプローチ法を知りたいです。
  • 今日をずっと楽しみにしていました。とてもわかりやすくて、すぐに実践できる内容で、参加できてよかったです。今の自分がどんなコミュニケーションをしているのか実感できました。まずベビーステップとして、『一旦止まる』を始めます。ひとつひとつ丁寧に、自分自身と相手に向き合えそうです。ありがとうございました。
  • コミュニケーションという事にチェックする必要がたくさんあり、それをワークで皆で考えるというスタイルはとても面白かったです。又、心理学のデモはとても興味深く、とても面白く、もっと勉強してみたいと思いました。
  • 今まで気にしていたつもりでもうまくできてなかったことが再確認できました。施術の時だけでなく常にコミュニケーションを意識して練習をつみかさねることが大事だと思った。まずは妻とのコミュニケーションで練習します。大変ためになりました。ありがとうございました!