2017年10月9日セミナー開催報告/ウェイトトレーニングと体の使い方①

■ウェイトトレーニングのことは知っておこう


休憩中にウェイトトレーニングの話をしていたんですが、皆さんの中でスポーツジムに行って体を鍛えているという方はどれだけいらっしゃいますか?
私はウェイトトレーニングについては、知らないよりは知っておいた方がいいなと思っています。というのも、今これだけ健康がブームになっていて、ジムに通っているという方が患者さんでも多くなっているからです。
最近は「こういうトレーニングを教えてください」「今ジムでこういうことをやっているんですけどどうなんですかね?」などとジムに通っている患者さんから聞かれることも増えました。
ウェイトトレーニングというのは簡単にいうと筋肉に「負荷をかける」トレーニングです。バーベルを持ったりマシンを使ったり、後は自重ですね。自分の体の重みを生かしてトレーニングする。目的は筋肉を大きく強くすることです。
やったことがある人はわかると思いますけども、続けていると力は段々ついてきます。挙げられなかったものが挙げられるようになり、今までよりも見た目ががっちりして強くなった気がします。おそらく患者さんたちもいろんな目的があってジムに行っているんだと思います。最近は女性の方も多いですよね、「腹筋を割りたい」「筋肉をつけたい」と言って。

■あえてきつく「非合理」に動かす


代表的なトレーニングにスクワットという運動があります。バーベルを担いだりマシンを利用して、グーッとゆっくり大腿四頭筋や大殿筋を意識しながら負荷をかけて鍛えていく。あえて「非合理」に体を動かすんですよ。
例えばしゃがむという動作があります。普通、人はこうパッとしゃがみますよね。でもスクワットはそうじゃない。あえてグーッとゆっくりしゃがむんです。
わざと筋肉が疲れるようにきつくしている。それは筋肉にストレスをかけたいから。ゆっくりと動かすのは血流を制限したいからです。皆さん、筋肉をグッと緊張させると血液の流れはどうなりますか?
悪くなりますよね。そういう状態を作って動かすから非常に辛いんです。諸説あって、血流を制限させた方がストレスで代謝物が出て筋肉がつきやすいと。加圧トレーニングなんかもそうです、加圧ベルトで絞めて血流をあえて悪くする。このようにウェイトトレーニングというのは、あえてきついことをやるんだということを憶えておいてください。

■トレーニングの弊害「効かし癖」


患者さんの中には一生懸命このようなトレーニングをしている人も多いんだけれども、合理的ではない動きを体に憶え込ませているものだから、時に弊害が出てくることがあるんです。「効かし癖」というものです。
しゃがむんでも下にスッとしゃがめばいいのに「いちいち力を入れて」しゃがんでしまう。物を取るのでも「いちいち力を入れて」取ってしまう。
スポーツなんかでもそうです。トレーニングして筋肉がついて体重が増えたんだけれども「何かヘッドの周りが悪い」「うまく走れない」、そんな話を聞くことがあるんです。
なぜそうなるか? それはウェイトトレーニングの動きが合理的じゃないから。目的が全然違うんですよ。