2019年3月21日(木・祝)開催セミナーPR①

「越谷BASEセミナー」
~こども整体・下肢のスポーツ障害・ウォーキング指導~
講師 松田タカシ先生(越谷BASEオーナー)

セミナーのテーマに関する「Q&A」をお届けします!
「なるほど!」と目からウロコが出る内容です。やはり疑問に思うことは実際に聞いてみるとよいですね! 以下を読まれることで皆さんには、セミナーにより興味を持っていただけるのではないかと思います。それでは、テーマごとに3回に分けてお届けします。

講師の松田タカシ先生

■「こども整体」について


――以前は子供には整体は必要ないと考えていたそうですが、それが変わるきっかけとなったのはどうしてですか?

松田)越谷BASEを開業して念願だった「かけっこ教室」を始めました。私の学んでいる「なみあし身体操作」の素晴らしいメソッドを取り入れて、意気込んでかけっこを教えていたんですが、大人数の中、個々の問題やそれぞれにあった指導をするのは難しいなと気づきました。
そこで「かけっこ教室に」通う子供たちに個別で店に来てもらう「パーソナル指導」を始めたんです。そしたら来る子、来る子が猫背で、足を見れば内膝、過剰回内、扁平足、外反母趾と、ちょっと想像以上の状況だったんですね。それから本腰入れて、「こども整体」をはじめました。

かけっこ教室の詳細はこちら。(画像は越谷BASE公式サイトより転載)

かけっこ教室 越谷BASE
「徒競走が速く」「持久走が速く」なるのはもちろん、怪我をしない身体づくりを目指した教室です。

――子供は大人と違い、じっとしていたり、体に触れられるのがくすぐったくて苦手だったりすることがあると思います。そのあたりは何か工夫されていますか?

松田)そもそも「こども整体」とは言っていますが整体がメインではないんです。だから施術がないこともあります。メインはインソール調整チェック、歩行指導や基礎運動の指導です。それに親御さんも巻き込んで対話することにもかなり時間を割きます。
大人のように治療が必要な子もいますが、そういう子はほとんどくすぐったがりません。触りたいけどじっとしない子、くすぐったがる子は、話しかけて気をそらしたり、施術では揺らすのを多用しています。

こどものための整体パーソナル指導の詳細はこちら。(画像は越谷BASE公式サイトより転載)

こども整体パーソナル指導 越谷BASE
子どもに整体必要なの?という方も多いでしょう。「子どもの怪我が多い」「走り方がおかしい」「バレエでターンアウトができない」「運動のしすぎにより骨や関節が歪み痛い」こんなお悩みは、整体や基運動指導により改善が目指せます。

――お母様が付き添いで来られると思いますが、親からすれば「日常的に自分でもこどもの体をケアしたい」という考えもあるのではないかと思います。その時はケアの方法も指導されますか?

松田)親御さんのモチベーションに合わせてやっています。 よくあるのは、私がこどもに教えているのを皆さん、動画で撮影されていますね。

――動画で撮影してもいいんですね! ところで「スポーツをしている子ほど足に構造的な問題が生じている」とセミナー案内に書かれてありましたが、その原因についてはどう考えておられますか?

松田)これはとても重要な話です。詳しくはセミナーでお話しします。

――和式トイレが使われなくなり、足首が固くなってしゃがめない子が増えたと巷では聞きます。そのようなことはありますか?

松田)1日1、2回和式トイレに座ったくらいで足首はやわらかくなりませんのでそう感じることはないです。一番影響したのは、草履から西洋式の履物に変わったからではないでしょうか。もともと日本人は欧米人に比べて草履やわらじといった足関節背屈傾向の履物だったので、足首の関節は柔らかかったはずなんです。だから和式にも簡単に座れた。
重心の位置も昔はにあった重心がつま先よりに変わっています。それで外反母趾も増えている。いろいろ繋がってきます。それから、足首の関節がルーズだと構造的な問題が生じやすくなります。よって一括りには説明できません。

※Q&Aは②に続きます!(近日中にアップ予定です)