2017年10月9日セミナー開催報告/特別編/ウェイトトレーニングと体の使い方②

【内容】
 ■「合理的な動き」を身につけるには
 ■うまく体を使うために「スキルトレーニング」を!
 ■体を「かばっている人」も非合理な動きをする

■「合理的な動き」を身につけるには


ウェイトトレーニングはあくまでも筋肉を太く強くするためにおこなうもの。だからそれ以外のことに体を使える状態にするにはスキルトレーニングも同時進行させていかないといけない。そうしないとなかなか「合理的な動き」というのは出来てこないんです。

「合理的な動き」とは何か?

しゃがむという動作にしてもスクワットでは「ジワーッ」と負荷をかけますが、「合理的な動き」では必要最低限の筋力で「スッ」としゃがみます。スクワットのように大腿四頭筋を意識して「いちいち効かせる」「いちいちきつい」ということはない。

立ち方もそう。体を前にゆすったり、ちょっとした反動を使って立ち上がる。自分でブレーキをかけながら「ギギギギ」って立ち上がるのと、リラックスして、ただ頭の反動や重みを利用して「スッ」と立ち上がるのとの違いです。

■うまく体を使うために「スキルトレーニング」を!


考え方が筋力重視になって「脚の筋肉をつければスッと立ち上がれるはず」と思っている人がいるけれども、実はそうじゃない。ウェイトトレーニングは非常にいいものなんですよ、さっきお話したように。それはそれでいいんだけれども、逆に体の動きを邪魔してしまうようであれば本末転倒かなと。

もし「ウェイトトレーニングをしているけどなかなかうまく体を使えない」という人がいたら「スキルトレーニング」、つまり「体の使い方」を教えてあげるといいですね。

今、皆さん椅子に座っていますよね。イスから立ち上がってみましょうか、一切反動を使わずに。グーッと脚に力を込めて脚の筋肉だけで立ってみてください。呼吸もあまりせずに。
しゃがむときも一緒、なるべく反動を使わずにやってみましょうか。
これが「効かせ癖」がついている人の体の動かし方です。

■体を「かばっている人」も非合理な動きをする


「効かせ癖」がついている人と特に連動するのは「かばっている人」です。
「腰が痛い」「膝が悪い」「股関節が痛い」など体に痛みがある人、あるいは体のどこかが悪いと思い込んでいる人。先ほどのウェイトトレーニングをしているかのような立ち方をすることが多くないですか? 「ウッウッウッ・・・」とこんな感じで。

これはさっきのスクワットの動きとあまり変わらないですよね。自分の体だけ持ち上げればいいのに何か重い物を担いでいる感じ。実際にはね、反動をつけた方が間違いなく楽なんですよ。

「いや、反動つけると腰が痛いんじゃないか・・・」って思うかもしれないですけど、よく考えてみてください。